パニックホラー・サバイバル系漫画おすすめ独断ランキング

今年に入ってからなぜか今まで興味のなかった系統の漫画を読み始めました。

最初のきっかけは進撃の巨人です。

どうしてあんな気持ちの悪いものに人気があるのだろう、と毛嫌いをして進撃の巨人をはじめ、パニックホラー系の漫画は読むのを避けていました。

でもあれだけの人気を誇る漫画なんだから・・・と読み始めたのが最後(笑)

絵は確かにちょっと気持ち悪いけどちゃんとした中身があって漫画は成り立っています(当然ですよね)。

それからパニックホラー系の漫画を読み漁るようになり、ちょっと怖いけどそこにある魅力がいろいろわかってきたので漫画のレビューと同時に独自のランキング形式にして紹介していきたいと思います^^

新しく漫画を読み終え次第、随時更新していきます♪

スポンサードリンク

ランキングの基準

最近ハマっているとはいえ、もともと怖いものが苦手です(笑)

だからパニックホラー系の漫画を読んでランキングをつけるにあたって僕なりの基準を決めました。

・怖さ、グロさにきちんとした理由がある。
・内容にきっちりとした背景があり、つながっている。(重視)
・絵がリアル過ぎない。
・考えるきっかけを与えてくれる。(重視)

これらを総合して判断してランキングをつけたいと思います♪

パニックホラー・サバイバル系漫画おすすめランキング

第1位 自殺島

内容・ストーリー ★★★★★
★★★
怖さ ★★★
考えさせられる ★★★★★

ストーリー
日本近海の孤島を舞台に、政府によりこの島に送りこまれた自殺未遂常習者達が、命の意味と向き合いながら生きていく物語である。
引用:Wikipedia

主人公たちがたどり着いたのは国から見捨てられた法律も何もない島。

そこに居合わせた人たちが選ぶそれぞれの道。

極限に追い込まれたら人はどうなるのか、という部分を細かく描写していて、いろいろな考え方を見せてくれます。

読んでいると自分だったらどうするんだろう、と考えさせられるシーンも度々。

絵がそこまではっきりと描写されていないので見た目での怖さは比較的少ないです。

その分、心理的な怖さはあるかもしれません^^

生きるということにここまで真剣に向き合い、考えたことはあるのだろうか、そんなことを考えさせられた漫画でした。

文句なしの1位のおススメパニックホラー系の漫画です♪

第2位 奴隷区

内容・ストーリー ★★★★
★★★★
怖さ ★★★
考えさせられる ★★★★

ストーリー
「“奴隷”欲しいヤツ、いる?」天才的な頭脳も、超人的な肉体もいらない。どんな勝負でも勝ちさえすれば相手を奴隷にできる器具、それがSCM。偶然にもSCMを手にした24人の主人公は、欲望のため、復讐のため、それぞれの目的を果たすべく、壮絶なサバイバルゲームを開始した!!
引用:Renta!

人を奴隷にすることが出来る道具。そんなものを手に入れてしまった人はどうなってしまうのか。

人間の弱さを見事に表現しています。

自分が手にしてしまったらどうなるんだろう。

欲望に負けてしまうのだろうか、いや、そんなことはないはず、いや、でもなぁ。

なんて考えることの繰り返しです(笑)

勝負をかける者とかけられる者の心理戦もとても見ごたえがあって魅力の一つです。

パニック系ではありませんが、リアル系のホラー要素が強い漫画です。ちょっとだけHな部分があります^^;

第3位 アイアムアヒーロー

内容・ストーリー ★★★★
★★★★
怖さ ★★★
考えさせられる ★★★★

ストーリー
鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!
引用:Amazon

映画化にもなったのもうなずけるいいホラー漫画でした。

主人公が漫画化でこの手の漫画では例外的で、ヒーローではないところが最大の魅力となっています。

凄くクズで情けない部分を持っている。けどそれがとても人間らしくて面白いのです。

漫画じゃないんだから誰でもヒーローになれるわけがないんだよ、と漫画の世界の裏をついたような作品です。

でも結局最後はヒーローになってしまうんだろうなぁと思っていたら・・・(笑)。

そんな人間味あふれる主人公だからこそ女性との関係性もとてもリアルな感じに描かれています。

不器用なんだけどどこか純粋で、見た目は悪いけどどこか可愛く思えてもくるのです。

ただ、最終巻だけが個人的にはちょっと残念な結果で終わってしまいましたが、そこは人それぞれの受け取り方があると思うので一度読んでみてください。

第4位 彼岸島

 内容・ストーリー  ★★★
 ★★★★
 怖さ  ★★★★
考えさせられる   ★★★

ストーリー
宮本青果店の店長の息子である宮本明は、数年前に彼岸島で行方不明になった兄・宮本篤を捜す為、友人と共に彼岸島に渡った。しかし、そこは吸血鬼が跋扈する地であった。兄を捜し出し、本土に連れ帰る為に奮闘する。
引用:Wikipedia

吸血鬼が存在する島という設定が面白いです。

血を吸うという描写がベタではありますが鉄板的な怖さがあります。

吸血鬼側も元は人間ということで、そこに至った背景や、共存といった意味合いでは考えさせられるものはあります。

ただ、主人公の豹変ぶりが凄く、途中から素直に受け入れることが難しくなってきます。

いきなりスーパーマンにでもなったかのように^^;

設定が面白いだけにちょっとそのあたりが残念な漫画でした。

第5位 進撃の巨人

内容・ストーリー  ★★★
 ★★★★
怖さ  ★★★
考えさせられる  ★★★

ストーリー
人類は、突如出現した「巨人」により滅亡の淵に立たされた。生き残った人類は、「ウォール・マリア」、「ウォール・ローゼ」、「ウォール・シーナ」という巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。
引用:Wikipedia

巨人という常識を超えた設定が抜群のインパクトを誇る漫画です。

少しずつ巨人の謎がわかってくる情報の小出し具合はお見事です。

壁の中に出来上がっている一つの社会。

それを打ち破ろうとするもの、守ろうとするもの、いろんな立場からの見方や考えがうまく表現されていると思います。

ネットでは宗教と絡めて深いなどの意見も見られますが、僕は正直この作品に深さは感じませんでした。
あくまでも一個人の感想なので批判はご勘弁を(笑)

また、仲間が結構あっさりいなくなってしまうのも感情移入がしづらいなと感じた部分でもあります。

ようやく特徴もわかってきて頑張れよって思った矢先にあれ?って。

巨人も見た目がちょっと不細工すぎて、複雑な背景があっても思うようにのめりこめません。

でも読んだと言ってもまだ1回だけなのでもう一回読んでまた評価を考えてみたいと思っています。

第6位 鬼畜島

内容・ストーリー ★★
★★★★
怖さ ★★★★★
考えさせられる ★★

ストーリー
M大学・廃墟研究サークルの学生たちはクルーザーを借り、無人島といわれる“菊池島”の廃村探索に訪れた。メンバーは飯野部長、東山、藤井、倉木、そして高久と友香の6名。何でもないサークル旅行のはずだったが、その島には豚の仮面を被り、残虐非道の殺戮を行う大男が待っていた…。
引用:まんがライフwin

とにかく怖さNo1の漫画です。まさにホラー、表紙の雰囲気とか最高です^^

しかし!ちょっとグロすぎて不快感が大きなマイナスポイントになっています。

おまけに化け物が存在する背景がちょっと強引で感情移入しづらいです。

ただ怖い、グロい、という漫画を見たい人にはおススメかもしれませんが、僕的にはちょっとダメですね~。

また、後半に主人公がちょっと違った方向にいってしまい、さらに気持ちが遠のいてしまいました(笑)

第7位 火葬場のない町に鐘が鳴る時

内容・ストーリー ★★
★★★★
怖さ ★★★
考えさせられる ★★

ストーリー
人口6000人、山あいの小さな町・みとず町。その田舎町では夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響く。その音が聞こえたら、夜明けまで決して外に出てはいけない。だが、10年ぶりに東京からこの町に戻ってきた勇人は、この掟を知らずに破ってしまう。そこに現れたのは、冥奴様と呼ばれる得体の知れない化け物だった。
引用:Renta!

冥奴様というゾンビ的存在との闘いが描かれています。

田舎に残った昔からの風習が絡んでのちょっとリアル系のホラー漫画かなと思っていました。

ですが、正直主人公に魅力があまりなく、ストーリー設定も少し無理を感じました。

テンポも良いのか悪いのかが微妙でちょっと読むのに疲れるというのが正直な感想です。

怖さも微妙ですし、全体的に中途半端という印象は否めません。

もう少しひねってうまくまとめれば面白い漫画になりそうなんですが・・・。

第8位 ハカイジュウ

内容・ストーリー ★★
★★★★
怖さ ★★★
考えさせられる ★★

ストーリー
東京・立川。鷹代陽はバスケに打ち込む普通の高校生。その日も順調な一日を送るはずだった……。昼下がり、市内を襲った突然の大地震。崩壊した学校の中で陽は目撃する。同級生たちの死体の山。そして、ソレらに喰らいつく未知なる怪生物を……。圧倒的画力が紡ぎ出す、完膚なきまでの衝撃!!超絶都市型モンスターパニック!!
引用:Amazon

突如地中から現れた未知の生物から逃げ、戦う漫画です。

絵がとても上手なので凄く迫力があり、テンポよく読み進めていくことが出来るのですが、いまいち内容が入り込んできません。

主人公の魅力の弱さもありますが、主人公以上に強烈なインパクトを与える武重先生という変態野郎(笑)

最初は面白かったですが、あまりにも引っ張りすぎてちょっと引き気味になります^^;

おまけに最終巻にまで・・・。

迫力はあるけどストーリーの深さに欠けるといったところでしょうか。早く読み進めることがでるのはよかったですが。

最後に

以上で「パニックホラー・サバイバル系漫画おすすめ独断ランキング」を終わります。

自分で書いておきながらなんてマニアックなんだろう(笑)

まだ6種類しか読んでいませんが、これからどんどん読んでいって追記していきたいと思います!

どんな名作が出てくるのかとても楽しみにしています^^

ここで紹介している漫画はすべてRenta!というサイトで試し読みやレンタル・購入が出来ます。

まずは試し読みで漫画の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ページ

  1. 2016年5月28日(土)の夜9時から放送される「世にも奇妙な物語’16春の特別編」 放送も間近に…
  2. 日曜日の夕方6時の定番と言って多くの人が思い浮かべるのがちびまる子ちゃん♪ ず~っと長く続いている…
  3. まだまだ日本になじみの薄いハロウィンですが、徐々に広めようとテレビやいろんなところでハロウィンに関す…
  4. ずっと前から家族年表を作りたいと考えていたのですが、作れずにいました。 ですが、最近ようやく使…
  5. 少し思うところがあって最近、禁酒にチャレンジしました! (別に体の不調とかそういうわけではありません…
  6. 空前のゆるキャラブームが続いていますが、 あの着ぐるみは一体いくらするのか?とても気になったの…
  7. 第2の金城武ともいわれている、5か国語を操るイケメンハーフ俳優ディーンフジオカ。 台湾や香港を中心…

カテゴリーから検索

ピックアップ記事

  1. ヤセ菌を増やすにはどの食べ物がいい?生サプリがおススメ!

  2. 美女と野獣ディズニー実写版吹き替え声優一覧(日本語版・英語版)

  3. ホンマでっかTV出演先生の出身大学一覧!凄い人ばかりだった!

  4. 指原莉乃の脚やせ方法の秘密はスパッツにあり!?美脚の秘訣を探る

  5. チャーリーとチョコレート工場でウンパルンパが歌う曲名と歌詞まとめ

  6. 福岡市の小学生ミニバス大会決勝のスーパープレイ動画が凄すぎる!

  7. たんぽぽ白鳥と川村が痩せたダイエット方法の酵素水の効果と期間は?

地域密着♪香川県情報

  1. 瓦町の五風十雨「はれ」でパウンドケーキを3種類買って食べてみた感想辛口レビュー

    2014年5月、瓦町駅近くにオープンしたパウンドケーキ専門店 五風十雨「はれ」 ず~っと気になって…
  2. 香川のゴールデンウィークおすすめさぬきうどん2017-超有名店編

    香川県といえば「さぬきうどん」 2017年のゴールデンウィークに香川県を選んで来てくれる方におすす…
  3. 香川のGW2017はここに行こう!おすすめさぬきうどんランキング

    もうすぐゴールデンウィークがやってきます^^ 2017年は最大10連休もとれる大型連休の人もいるそ…
  4. ことでん志度線の時刻表を印刷して使えるように作ってみた

    ことでんの公式ホームページにある時刻表が 個人的に見づらかったので作ってみました♪ 地方のロ…
  5. 引田のひな祭り2015に行ってきました!写真まとめ編

    先日記事で書いた引田のひな祭り2015に行ってきました♪ 2月27日の土曜日は天気も良く、大勢…
  6. 香川県引田のひな祭り2016へ行こう!オススメさぬきうどん店も

    香川県東かがわ市の引田で毎年開かれているひな祭りのイベントを紹介します。 2016年で第14回とな…
  7. 香川のオススメ!親子でプチ登山♪日山編

    最近、妙に山と鳥にはまっていますwww 寒いですが体を動かし、山の空気を感じ、鳥の声を聞く。 …
  8. サンメッセ香川のオススメイベント!フリマで得する買い方売り方♪

    11月29日と30日の土日、サンメッセ香川にて 「リビング大フリーマーケット」が開催されます。…
  9. 香川県の可愛いゆるキャラ♪個人的オススメランキングBEST5!

    香川県に移住してきて13年になり、香川県をこよなく愛する僕が 香川県のゆるキャラを個人的な見解で独…
ページ上部へ戻る