ゴールデンボンバーが女々しくてでブレイクしたのはいつ?発売日とズレている理由とは

9月11日に放送される第35回全国高等学校クイズ選手権の応援アーティストとして出演する金爆ことゴールデンボンバー。

久しぶりにテレビで見るような気がしますが、活動はちゃんと続けているみたいで安心しました。

そこで思い出すのがゴールデンボンバーの代名詞と言える「女々しくて」。

この女々しくてで大ブレイクを果たしたゴールデンボンバーですが、いったいいつ頃だったっけなぁ?なんて考えるとなかなか思い出せませんでした。

調べたら意外な事実もわかったりで面白かったのでシェアしておきます。

Sponsored Links

ゴールデンボンバー(金爆)が女々しくてでブレイクしたのはいつ?

150911

あれはいったい何年前だったのでしょう、一斉を風靡したと言ってもいいくらいテレビというテレビに出演し、あちこちで流れていた「女々しくて」の曲。

曲の印象はもちろんはっきりと残っていますが、あれがいつだったのかを思い出そうとするとわからないものです。

わかった時に「え?そんなに前だったの??」なんてよくある話しです(笑)

ゴールデンボンバーがブレイクした時期については諸説あるようですが、一般的に

2011年中頃から2012年

と言われています。「女々しくて」を「眠たくて」に変えたバージョンでメガシャキのCMで使用しました。

これをきっかけに一気に広まり、ミュージックステーションに登場し、その派手なパフォーマンス、エアーバンドという見た目とのギャップなどがウケて大ブレイクしたのです。

ゴールデンボンバー(金爆)の女々しくての発売日はいつ?

そんなゴールデンボンバーの「女々しくて」発売されたのは当然2011年だろうと思いきや、その発売日はなんと

2009年10月21日

なんです。作詞作曲共に鬼龍院翔さんで、印象的なフレーズは注目されないわけがありませんでした。

ニコニコ動画に投稿された動画は240万回の再生回数を達成するなど、この時点でブレイクしたとも言えるほどの勢いがありましたが、大ブレイクとまではいかず、2011年のメガシャキのCMで更なる転換期を迎えたのです。

しかしそこには絶妙なタイミングと事務所の思惑等いろいろあったようです。

なぜ2011~2012年にゴールデンボンバーはそこまでブレイクすることができたのか?

まずは大ブレイクするきっかけとなったメガシャキのCM「眠たくて」の動画をどうぞ(外部リンクです)
https://youtu.be/xa_ZwLlSTYU

確かに面白いですよね。繰り返すことで耳にも非常に残ります^^

このCMをきっかけに一気にゴールデンボンバーへの注目は高まるわけですが、そこからの事務所の戦略がすごかったのです。

大ブレイクした2012年には11月までシングル曲を出さず、「女々しくて」を推しまくったというのです。なんという徹底ぶりでしょう。

更にビジュアル系という見た目にかかわらずエアーバンドという超意外な設定もウケました。

その上エアーバンドならではの自由でとてもおもしろいパフォーマンス。これをメディアが逃さないわけがありません。

当然実力がなければブレイクするわけもありませんので、ゴールデンボンバーの確かな実力があったからこその結果だと思います。

その実力と運と絶妙なタイミングが絡み合い大ブレイクへとつながったのです。

まとめ

以上、「ゴールデンボンバーが女々しくてでブレイクしたのはいつ?発売日とズレている理由とは」でした。

お笑い芸人ではないですが、一発屋的なイメージがあったゴールデンボンバー(ごめんなさい^^)。

全く消えてなんかいませんし、その人気も変わらずあり続けています♪

メディアへの露出が減ったようにも思えますが、その分バンドとしての活動に専念しているのかもしれません。

でもちょっと寂しいので時々テレビに出てきて盛り上げて欲しいですね^^
→ゴールデンボンバーの2015年最新曲は何?女々しくて以降の活動まとめ

ゴールデンボンバーが女々しくてでブレイクしたのはいつ?発売日とズレている理由とは” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です