肺血腫とは?その症状や原因は何?肺気腫との違いも解説

吉本新喜劇の役者さんである中山美保さんがお亡くなりになったと発表がありました。

肺血腫という病気で亡くなったとのことです。

あまり聞きなれない病名だったので簡単ではありますが、調べてまとめてみましたのでご覧ください。

Sponsored Links

肺血腫とは?

肺血腫とはどういった病気なのでしょうか。

簡単に言うと肺の中に血の塊が出来る病気です。

その血の塊のために呼吸困難になってしまうというとても怖い病気です。

肺血腫の症状や原因は何?

肺血腫の症状としては呼吸が困難になる、呼吸回数が増える等が多く見られます。

またひどくなると臓器などに酸欠の影響などが出てきてしまいます。

ではその肺血腫の原因は何なのでしょうか。

原因はいろいろあって、

外傷性外圧・肺がん・肺結核

などが挙げられます。

交通事故などで胸を圧迫されて肺血腫になって(肺に血が溜まってしまう)というのは聞いたことがありますね。

肺血腫と肺気腫との違いは?

よく似た名前の病名に肺気腫というものがありますが、肺血腫と肺気腫ではなにが違うのでしょうか。

肺血腫は肺の中に血の塊ができ、呼吸困難に陥る病気

肺気腫は肺胞の組織が壊れ、たまった空気を押し出せなくなる病気。

ともに呼吸がしづらくなるというのが共通した症状です。

まとめ

以上で「肺血腫とは?その症状や原因は何?肺気腫との違いも解説」を終わります。

吉本新喜劇の中山美保さんがお亡くなりになったという悲しいニュースでこの病気を知ることとなりました。

単体で肺血腫という病名があるようではなく、何かと併発して発生し、指される病名のようですね。

調べてもあまり情報がでてこないのはそのあたりが原因なのかもしれません。

関連記事:吉本新喜劇の中山美保の過去の画像と動画まとめ

肺血腫とは?その症状や原因は何?肺気腫との違いも解説” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です