闇営業の意味|お笑い芸人には避けられない道なのか?

カラテカの入江さんが闇営業の仲介役を行ったとして吉本から契約解除されました。

闇営業の相手というのが詐欺グループで反社会的勢力だったためです。

お笑い芸人にとって闇営業とはどういった意味を持ったものなのでしょうか。

その闇営業の意味について考察してみました。

Sponsored Links

闇営業の意味

闇営業とは

事務所を通さずに営業を行うこと

です。

事務所を通さない分、お笑い芸人の取り分が多くなるのです。

まだあまり売れていない芸人にとっては手取りが多くなるので闇営業をせざるを得ない人もいるとか。

知名度がある程度あればギャラは10~20万ともいわれ、ビッグネームだと100万円ともいわれています。

その報酬が全部自分のもとに入ってくるのですから心がぐらついてしまうのもわからないでもありません。

ただ、事務所は基本的にはNGとしているところが多いため堂々とはできないのが実情です。

お笑い芸人にとっての闇営業

このように手に入る報酬の多さからお笑い芸人にとっては魅力的な闇営業。

過去にテレビで闇営業をしていたことを暴露されたり話したりした人もいます。

コロチキ|ナダル

さらば青春の光|東ブクロ

パンサー|尾形

とろサーモン|久保田

闇営業の是非

ちょっと調べただけでも闇営業をしているお笑い芸人が出てきます。

それも結構有名どころ^^;

あの明石家さんまも若手のころに闇営業に行ったことがあるそうです。

 

では、その闇営業の是非について考えてみます。

事務所との関係

事務所を通さない闇営業。

それをNGとしている事務所を裏切る行為でもあります。

しかし、若手芸人なら月収1~2万なんてザラ。

アルバイトだけでは生活が苦しいのは目に見えています。

そんな時に闇営業の収入は若手芸人にとって大きな助けにもなります。

テレビでこれだけ暴露されても残っていることを考えるともしかすると暗黙の了解的なものがあるのかもしれません。

中毒性

先に出てきたように、ナダルやとろサーモンの久保田などはそこそこ売れています。

でもなぜ闇営業に行ってしまうのでしょうか。

それはやっぱり報酬額の大きさで、その旨味が忘れられないからかもしれません。

カラテカの入江の解雇で話題になったのは、宮迫や田村亮。

超ビッグネームですよね。

闇営業に行かなくても十分な収入はあるはずです。

このことで闇営業のお金の部分に関わる中毒性があることがわかります。

反社会的勢力とのつながり

いくら闇営業といってもこれだけは絶対NGです。

過去に島田紳助も反社会的勢力とのつながりを理由に吉本を解雇されています。

闇営業が入ってくるルートは人づてで、知り合いの社長とか○○の知り合いとかが多いでしょう。

実際に闇営業を行ったはいいものの実は反社会的勢力だった。

知りませんでしたで済む話ではありません。

じゃあ会う前にわかるのかといえばそれも難しいでしょう。

この辺りが闇営業の最大のリスクといえます。

[clink url=”https://time-share.me/8582.html”]

まとめ

以上で「闇営業の意味|お笑い芸人には避けられない道なのか?」を終わります。

若手芸人なら生活のためにこういった闇営業は避けて通れない道かもしれません。

売れるため、生活するために断りづらいという背景もあるでしょう。

しかし、闇営業が抱えるリスクのことを考えると、ある程度のラインでの線引きは必須です。

その辺を事務所側が見て見ぬふりをするのではなく、例えば芸人がそのような行動をしなくても済むように取り分を高くしていくなどの対策が必要なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です