プリズンオブザパストのOP・ED曲を歌っている松崎しげるがかっこいい!

12月6日に公開される映画「ルパン三世THE FIRST」に先駆けて、金曜ロードショーにて2週連続ルパン三世が放送されました。

第2弾となったのは完全新作「プリズン・オブ・ザ・パスト」。

今回そのオープニングとエンディングの曲を担当しているのは松崎しげるさん。

大人の色気漂う声でルパン三世のテーマ曲がめちゃくちゃかっこよかったです^^

Sponsored Links

プリズン・オブ・ザ・パスト|オープニング曲

オープニングから見る者の心をつかんだ松崎しげるさんが歌ったのは

ルパン三世のテーマ2019
 歌:松崎しげる 
 作詞:千家和也 
 作曲:大野雄二 
 編曲:大野雄二 
 演奏:Yuji Ohno & Lupintic Six with Friends

です。

ルパン三世は最初は音楽だけだったのですが、テレビの第2シリーズが好調だったことから歌詞をつけ歌われることになりました。

歌っているのはピートマックジュニアこと藤原喜久男さんです。

ルパンといえばやっぱりこれですね♪

 

もう一人歌ったことがあるのはジャズシンガーのakikoさんです。

英語の歌詞で歌われていて一味も二味も違うかっこいい仕上がりになっています。

2001年に放送されてテレビスペシャル「アルカトラズコネクション」のエンディング曲「WHAT’S THE WORRY?」のCDのカップリング曲として収録されています。

 

そして今回、松崎しげるさんがルパン三世のテーマを歌うことになりました。

2011年のころのライブ動画がありましたのでご覧ください。

プリズン・オブ・ザ・パスト|エンディング曲

もう一曲、松崎しげるさんが歌ったエンディング曲は

スーパーヒーロー2019                
 歌:松崎しげる
 作詞:奈良橋陽子 
 作曲:大野雄二 
 編曲:大野雄二  
 演奏:Yuji Ohno & Lupintic Six with Friends

です。

このスーパーヒーローといえば英語で歌われている挿入歌ですが、もともと歌っていたのはアメリカのミュージシャン・ドラマーであるトミー・スナイダーさんです。

日本でも活動していた時期があり、銀河鉄道999を歌っていたゴダイゴのドラマーとして活動していました。

紹介する動画は画像はゲームのもので関係はありませんが、とてもよく作られていたので紹介させていただきました^^

松崎しげるさんのプロフィール

歌手の松崎しげるさんと言われても、若い世代の人には知らない人もいるかと思います。

松崎しげるさんはこんな人だよ、っていうのがわかる簡単なプロフィールをまとめました^^

写真
本名 松崎茂幸
生誕 1949年11月19日(70歳)
出身地 東京都江戸川区
学歴 日本大学藝術学部
ジャンル J-POP
職業 歌手、タレント、俳優

松崎しげるさんは1970年に歌手デビューし、CMソングを中心に活動していました。

そんな中、1977年のグリコアーモンドチョコレートのCMソング「愛のメモリー」が大ヒット。

 

1979年にはテレビドラマ「噂の刑事トミーとマツ」に出演し、俳優としても名を広めました。

その後はバラエティ番組などでも活躍し、現在は年間200本のディナーショーを行っています。

 

もう一点、松崎しげるさんといえば「色黒」であることが有名です(笑)

もともと黒かったそうですが、ハワイなどによく行くことからさらに黒くなります。

すっかりトレードマークになってしまった松崎しげるさんの色黒。

色黒をキープするために日焼けサロンに通ったり、事務所に日焼けマシーンを設置するほどなのです(笑)

まとめ

以上で「プリズンオブザパストのOP・ED曲を歌っている松崎しげるがかっこいい!」を終わります。

プリズン・オブ・ザ・パストもよかったですが、まさかの松崎しげるさん登場に驚きです。

このまま今後のルパン三世のテーマ曲は松崎しげるさんでもいいのではと思ってしまうくらいかっこいいです。

次からの定番曲となるのか、それとも一発のみのレアバージョンになるのか。

僕はぜひ定番化を希望します♪

[clink url=”https://time-share.me/9549.html”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です