イースターエッグの作り方&作品写真!簡単そうで難しかった!

前から作りたいと思っていたイースターエッグを先日、作ってみました。

ネットで調べて見た感じでは簡単に作れるだろうとたかをくくっていました。

ところがいざ作ってみるとなかなか難しい物でした。

しかし子どもと一緒に作る時間はとても楽しく、
ぜひ皆さんにも体験していただきたいと思いました。

簡単な作り方と、レベルは低いですが作品少しを発表します^^

Sponsored Links

イースターエッグの卵の中身の出し方

何もわからない最初、中身を出すだけだろうと簡単に考えて、
そこに大きめの穴を開け、卵を降って出しました。

しかしどう考えても効率が悪くて面倒だし全部出せた気がしないwww
こんなの何個もやってられないとネットで調べると簡単なやり方がありました。

卵の中身の出し方
  1. 卵の上に安全ピンなどの先の細くとがったもので穴を開ける

  2. 卵の下側に1より少し大きめの穴を開ける(1の穴は念の為に抑えながら)

  3. 2の穴から楊枝などを差し込み中身をかき混ぜる(中身を出しやすくする)

  4. 1で開けた穴に口を当てて息を吹き込み2で開けた下の穴から出す。

  5. 2の穴より水を入れ、中身を洗って乾燥させる

このやり方で簡単に卵の中身を出すことが出来ます。
ただ、卵が出ているシーンがちょっと・・・なのですが見ないってことでwww
子供は何この光景!とゲラゲラ笑っていました^^

卵の中身の出し方の動画がありましたので御覧ください。

イースターエッグの作品写真

作品というにはおこがましいくらいのできなのですが、
せっかく作ったので勇気を出して公開します。

まずは先日紹介した海外の凄すぎるイースターエッグの作品を真似てみました。

150420-1

真似るだけなのでこれは簡単でした^^

次に思いついたのは最近はやっているボールペンイラスト
これを題材にして卵をキャンバスにしようと考えました。それがこれ。

150420-2

ぞうさんとコアラ♪小学生並みの画力に悲しくなりますww

150420-3

おさるさんとキリンさん♪目がwww

次にたまご型から思いついたのはこれ。カオナシです^^

150420-4

それなりの雰囲気は出たような気がしますが、なんか違うようなww

次はネットで見かけて真似たマリオ^^

150420-5

まあこれもそれなりに出来ましたがやはりたまご型ということ自体に無理がありますwww

そして最後は息子が幼少期大好きだったきかんしゃトーマス^^

150420-7

側面は難しく正面のみです。思い入れのあるキャラクターなのでこれが一番のお気に入りです♪

最後にまとめた写真を一枚。

150420-6

う~ん、バラバラw
そして後ろにいるカオナシがシュールwww

イースターエッグを作る際の注意点と使用した道具

見るだけでは解らなかった作ってみて分かった注意点をあげておきます。

確実に乾くまで待つ

ついつい早く完成させたくなり、乾かないうちにあれこれしていると手に色がつき、
その色が指紋という形で卵についてしまいます…僕の写真を見たらそれがわかると思いますw

黒の線には必ず油性ペンを使う

僕のボールペンイラスト風の作品を見ると分かる通り、水性ペンで書いてしまうと
少し当たるだけで伸びてしまい、非常にブサイクな結果になります。

作業する手元にはタオルを引いておく

卵なのでツルツルと滑っててからよく落ちます。
実際、上の写真の卵、2つくらいヒビが入っていますwww
下にタオルを置いてから作業すると落としても被害は最小限ですみます。

以上の3点さえ守れば大きな失敗はないと思います。

あとは絵心・・・これが一番難しいのです♪

今回使用した道具はコチラです。
非常に使いやすく、いろいろな表情の色が出せるのでやっていて楽しいです。

 

イースターエッグの作り方&作品写真!簡単そうで難しかった!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です