石川さゆりの経歴・プロフィール|女優としての凄さが魅力を増やしていた

日本を代表する女性演歌歌手のひとりである石川さゆりさん。

紅白にも連続出場していて、女性初となる40回の出場を果たしています。

当然、平成最後の紅白歌合戦にも出場します。

そんな石川さゆりさんの経歴・プロフィールをまとめましたのでご覧ください。

Sponsored Links

石川さゆりのプロフィール

まずは簡単に石川さゆりさんのプロフィールをご覧ください。

芸名 石川 さゆり
本名 石川 絹代(きぬよ)
写真
生年月日 1958年1月30日(60歳)
出身 熊本市南区
学歴 堀越高等学校卒業
事務所 ホリプロ
公式サイト http://www.ishikawasayuri.com/index.html

意外も意外、石川さゆりさんは堀越高校出身でホリプロに所属していたのですね^^

最初のデビューはアイドル歌手としてとのことなので納得です。

とても綺麗で美人な方なので若いころもきっと可愛かったことでしょう。

石川さゆりの経歴

その石川さゆりさんがデビューしてから現在に至るまでの経歴を年表形式でまとめました。

※年齢は西暦の実で判断してある目安で正確ではありません。

1972年(14歳) ホリプロにスカウトされ芸能界入り。
1973年(15歳) アイドル歌手としてデビュー。デビュー曲「かくれんぼ」
1977年(19歳) 津軽海峡冬景色が大ヒット(前年発売のアルバムからシングルカット)
1981年(23歳) 元マネージャーと結婚(1989年に離婚)。
1980年代 「波止場しぐれ」「天城越え」「夫婦善哉」「滝の白糸」「風の盆恋歌」などのヒット曲連発。
2018年 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞

なかなか早いデビューとヒット曲誕生ですね~。

小学校1年生の時に島倉千代子の歌謡ショーに魅せられて歌手を目指すようになりました。

中学3年生の時(1972年)にちびっこ歌謡大会で見事合格しホリプロへ。

デビュー後4年はぱっとしませんでしたが、ここで誰もが知る「津軽海峡冬景色」と出会います。

あっという間に大ヒットとなり、その後は順調にヒット曲を連発。

日本を代表する美人女性演歌歌手となっていったのです。

[clink url=”https://time-share.me/6836.html”]

石川さゆりの女優としての魅力

プロフィール・経歴をみてくると、石川さゆりさんは結構恵まれた芸能人生を送っているようにも見えます。

ただ恵まれていた、運が良かったというのではなく石川さゆりさんならではの魅力があったからとも言うことが出来ます

 

ヒット曲に恵まれたラッキーな歌手とも思われがちかもしれませんが、その背景には石川さゆりさんの女優としての実力・魅力が詰まっていたという事実があります。

それはなぜかというと、曲というのはただ歌うだけではなく、その歌詞の意味、世界感を感じ取り、それを演じる能力が必要だからです。

石川さゆりさんはその女優としての実力がきちんとあったからこそヒット曲へとつながり、それが続くという好循環になっていったのでしょう。

 

作詞であるなかにし礼さんもこう話しています。

「石川さゆりはいま現存の歌手の中でもめずらしいくらいヒット曲に恵まれた歌手です。でも、いい曲というのは実は歌い手に負うところが大きいんです。ヒット曲ほどそうです。この人の芝居のうまさは偶然じゃない。言葉に即して作られる歌の心情や風景を石川さゆりがこれまで正確な描写で表現し歌ってきたことに裏づけされた芝居のうまさなんです」

引用:http://www.ishikawasayuri.com/news/2018/01/post_403.html

『夫婦善哉』の演出家、星田良子さんもこうコメントしています。

「石川さんの芝居のうまさに並みの役者は負けると思います。それほど素晴らしい。感性と感情の動きの判断力のすごさ。蝶子という人物の感情を表現するにふさわしい方法論やトータルでパッケージされたときのご自身の立ち位置をわかっている。心が反応していくチカラとでもいいましょうか。並々ならぬ歌唱力に裏打ちされた演技力は日頃、歌い手として正味、五分間の勝負を繰り返しているうちに凝縮された感性のなせる業なのかもしれません。とはいえ、誰もが場数をこなすことで磨かれるのかといえば違います。凡人が磨かれて到達できるレベルではありません。これはきっと、もともと石川さんが生まれ持った感性なのでしょう。

引用:http://www.ishikawasayuri.com/news/2018/01/post_403.html

まとめ

以上で「石川さゆりの経歴・プロフィール|女優としての凄さが魅力を増やしていた」を終わります。

ヒット曲が多いイメージの石川さゆりさんでしたが、その背景には石川さゆりさんだからこその魅力があったからだとわかりました。

まだ60歳。とても綺麗で美人な方です。

日本を代表する美人女性演歌歌手としてさらなる活躍を心より期待しています。
[clink url=”https://time-share.me/kouhaku2018″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です