金魚すくいのポイ(すくうやつ)の表と裏はどっち?

先日近所のホームセンターで金魚すくいをしてきました^^

これから夏にかけて祭りもたくさん行われ、
金魚すくいを見かけるシーンも増えることでしょう。

子どもに2回やらせて1匹しかとれませんでした^^;

そこでふと沸いた疑問が・・・。

この金魚をすくうやつって裏と表ってあるの?でした。

Sponsored Links

金魚すくいの金魚をすくうやつの名前

まず始めに今までずっとこれで通してきたのですが、

金魚をすくうやつ

これの名前は何なのか。今になってはじめて知りましたwww

ポイ

っていうそうです。

すくい枠といわれる場合もあるそうです。

和紙が張られてあるので紙ポイっていうのが通称です。

金魚すくいの金魚をすくうやつ(ポイ)の裏と表はどっち?

今回久しぶりに金魚すくいをしてみて思った疑問は

このすくうやつ(ポイ)には裏と表があるのか

でした。

答えはYESです。

150706-2

これがすくうやつ(ポイ)の表側です。

つまり枠の上に和紙が張られてある側ですね^^

イメージしやすいようにポイの表と裏をイラスト化してみましたw

金魚すくいのすくうやつ(ポイ)の裏と表

要するに金魚を乗せた場合に和紙がはがれにくいのはどちらかと
考えた場合、自然と左側のほうになりますよね^^

でも子どもたちはそんなところまで頭がまわるわけがありませんww

なので大人が横で見てきちっとサポートしてあげましょう^^

金魚すくいのポイには和紙の厚さに種類があった

このポイの裏と表を調べたときに驚愕の事実を知りました。

なんと

ポイには和紙の厚さに種類がある

というのです。

つまり、破れやすいものと破れにくいものがあるということ。

その種類は4号~8号あって、4号が一番厚く8号が一番薄くなっています。

しかも!お祭りの屋台などでは大量にポイを用意しているため、
その箱をチェックすれば号数がわかり、ポイの強度を知ることができるというのです。

隠している屋台もあるとは思いますが、箱をポンと置いてあるならぜひチェックしましょう♪

さいごに

金魚をすくうやつの名前を調べるのから始まって、

ポイの和紙に厚さがあることまで知ることができました^^

この夏の祭りは金魚すくいに注目ですwww

子どもたちにこの知識を教えて驚かせてやりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です