東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)のパクリ疑惑を写真で比較

びっくりニュースが飛び込んできました!

先日発表されました、2020年に開催される東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)にそっくりなものがあるとのことでした。

ま、まさかね~と思って画像を探したら結構そっくり^^;

デザインが変更になるのか、デザインした人の今後も気になるところです。

Sponsored Links

東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)との比較画像

ベルギー・リエージュ劇場のロゴと東京オリンピックのロゴが酷似していると指摘されています。まず一番に気になる東京オリンピックとそっくりだといわれているロゴマークを比較してわかる画像をどうぞ。

150729b-2

判断は人それぞれだとは思いますが、私個人としましては・・・

非常に酷似している

と思わざるを得ません。これがパクリである証拠はないと思いますが、偶然の一致にしては一致しすぎていると思います。今まで築きあげてきた日本のイメージを崩しかねないのではと思えるほどです。

近々作成者からのコメントやもしかしたら会見があるかもしれません。その時まで待ってみるしかありませんね^^

エンブレム作成者のデザイナー佐野研二郎さんとは?


この問題になっている東京オリンピックのエンブレムを作成・デザインしたのは、日光江戸村の「ニャンまげ」やTBSのキャラクター「ブーブ」も手がけたアートディレクター佐野研二郎さんとのことです。

150729b-3

生誕:1972年
公式サイト:www.mr-design.jp

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、博報堂入社。その後博報堂/HAKUHODO DESIGN経て、2008年1月11日MR_DESIGN設立。

先日放送された27時間テレビのポスターも手がけた実力派です。

こんなにすごい人がパクるのか?そんなわけはないと思いますが、あの写真を見る限りでは今のところ残念ですがなんともいえないのが現状ですね。

ちなみにニャンまげとブーブはこんなのです^^

ニャンまげ
150729b-4
ブーブ
150729b-5
27時間テレビのポスター
150729b-6

まとめ

かなりの衝撃が走ったこのニュース。またアートディレクターとしてもかなりの実力を持っている佐野研二郎さんが作成ということで今後しばらく大きな話題として取り上げられそうです。

まずはこの東京オリンピックのロゴの作成に至った経緯を佐野研二郎さん本人からきちんと説明してほしいです。

そして決してパクリではないことを日本人として祈ります。

でもあまりにも似ているので個人的にはロゴの変更もありなのではと思います。
関連記事:コスタリカの国立博物館のロゴマークの画像もパクリなのか検証してみる
関連記事:東京五輪のロゴマーク盗作疑惑の画像を重ねて検証してみた
関連記事:東京五輪ロゴマーク盗作疑惑に対する海外・韓国・中国の反応まとめ
関連記事:サントリーのトートバックも盗作か?佐野研二郎氏のパクリ疑惑を検証

東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)のパクリ疑惑を写真で比較” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です